toggle

骨盤庭筋トレーニングヨガ

骨盤の最も底辺で膀胱や子宮や直腸を支えているのが「骨盤底筋」です。

咳やくしゃみをした時、重いものを持った時に尿が漏れる「尿失禁」や膀胱瘤、子宮脱、直腸瘤などの「骨盤臓器脱」の症状のある人は多いですが、病院に行くほどではなかったり、人に気づかれる気がして心配だったり、言葉に抵抗感を感じ、人に相談できない方も多いようです。

出産でダメージを受けたり、閉経後や老年期の女性ホルモン分泌の低下、加齢による筋肉量の低下で骨盤底筋は機能障害をおこします。

骨盤底筋は骨盤の深層部の奥にあり意識しにくい筋肉なので直接アプローチすることが難しい筋肉です。そこに繋がる筋肉を動かす事で間接的にアプローチし、トレーニングするのが「骨盤底筋ヨガ」です。

「骨盤底筋ヨガ」は継続的に行うことにより、尿失禁や骨盤臓器脱の症状がある方は改善し、現在その状態にない人は予防に繋がります。

女性にとって大変重要なトレーニングです。使わないと筋肉は衰えていきます。しっかり使って予防、改善していきましょう。