2021年秋・オススメ本

急に秋めいて来ました。

食欲の秋、スポーツの秋、紅葉の秋、読書の秋…

私は昔から本が好きで良く買っています。読みきれずに積み上げているままになっている本も多いですが…

今月購入のオススメの3冊。

一冊目は三大古典書の中で一番古い「チャラカサンヒター 総論編」(翻訳書)。

約一年前から古典書を元にしたアーユルヴェーダの勉強をしています。アーユルヴェーダを学び始めた時からずっと欲しかったのですが、少々お値段がするので購入を見合わせていました。今月は誕生日月なので自分へのご褒美として思い切りました。

講座で習った所や初めて見る内容など五千年前から教え伝えられた知恵はどれも興味深く、ぱっと開いたところを読むだけでも面白いです。買って良かったです。

二冊目は私が大好きな高尾美穂先生の本「更年期の教科書」

高尾先生の骨盤底筋トレーニングヨガや女性の為の講座を受講させていただいた時にお聞きした内容もありますが、更年期の症状や解決法、婦人科のこと、予防法などまさに更年期の教科書という名に相応しい内容でとても詳しく説明されています。

私自身は今のところ更年期症状でしんどい経験をしていませんがこれから先どうなるかわからないし、生徒さんから相談を受けることもあるので役立てていきたいと思います。

三冊目は今村泰丈氏の「正しい後屈入門」。背骨のことや安全に後屈を行う方法を丁寧に説明されています。写真やイラスト入りでわかりやすいです。

普段から後屈は腰からパキッと折らないよう指導していますが、しなやかな後屈をするためにこの本は役立ちそうです。

読書の秋。本を読むと脳に良い影響を与えるそうですよ。皆さんも何か本を読んでみませんか?

タイトルとURLをコピーしました