toggle
2019-09-24

ヨガ解剖学TTC

連休の3日間はviolaさん主催の野見山先生のヨガ解剖学TTCを受けて来ました。

野見山先生の著書「セラピストのための解剖生理」を随分昔に購入し、いつかお会いしたいと思っていました。今回やっとタイミングが合い、受講することができました。

想像通りの温かい先生で、場の雰囲気も良く、おまけにとてもわかりやすかったです。

解剖学は覚える事が多く、筋肉や骨の名前、使い方、関連性など簡単にマスターできるものでは無いです。全体的に見て、パーツで見て、繋がりを見ていく。心と体、骨と筋肉、呼吸と体・自律神経の繋がり。

なるほどと合点のいくことが多く人間の体って改めて面白いって思いました。本だけでは理解し難い実際に触って、感じる事でわかる事が多いです。

過去にいろんな先生の解剖学WSを受講しました。それぞれの先生の良さや学びがあります。今回も新たな発見や学びがあり、復習できた事もありました。

野見山先生には解剖学の事だけではなく、生徒さんに向き合う姿も学ばせて貰った気がします。

また機会があれば、先生の講座を受講したいと思います。

講座を受講すると学びと共に、新たな縁が繋がったり、いろんな人から話を聞かせて貰ったりして楽しいです。さすがに昨晩は疲れ果てましたが、行ってよかった。

ヨガを安全に安心して行っていくには解剖学の知識は不可欠だと思っています。

出会えた縁を大切に、学んだ事をこれからに活かして行きたいです。

野見山先生著書
関連記事