toggle
2019-06-17

「Song of the Soul」ワークショップ

昨日は神戸・三宮で行われた「Song of the Soul」と題したVikram Hazra先生によるワークショップに参加してきました。

インドの旅行で知り合った神戸在住のヨガインストラクター(ダンサー、料理家)Purviさんが主催。

Pruviさんはとても魅力的な方でエネルギッシュでパワフルで優しく、大好きです。人々に元気、パワーを与えてくれる人です。今回のワークショップもとても細やかな気遣い、心遣いで彼女から学び、癒されました。

Vikram先生も素晴らしい声、包み込むような歌、いつもニコニコ笑顔が素敵でとても癒されました。

通訳をして下さったニーラさんも優しく、とても日本語が上手で一生懸命通訳をして下さり、わかりやすかったです。(追記:ニーラさんは日本語1級をお持ちでヨガの先生であった事を後に知りました。)

 

「Song of the Soul」ワークショップ

Vikram先生による初級レベルの3時間対話型ワークショップ。
先生は世界各国でコンサートや慈善活動をされていて、音楽プロデューサー活動等もされているそうです。


〇ワークショップの流れ
・音楽のスタイルと歴史/基礎の説明
・インドの献身的な音楽の文化と進化
・内容、言語、意味
・発音とよく間違える発音について
・歌い方
・歌詞とマントラのより深い意味と精神的な意義
・技術面とサウンドスケープ
 3つのサンスクリット語の歌を学ぶ
  1:アチュタム・ケシャワム
  2: ヴィクラムチョイス
  3:リクエスト
・satsang(キルタン)で終了


なんとも言えない空気感、温かい雰囲気に包まれ、その場で行う瞑想はとても良いものでした。

今年に入り、インドに行って本場のプージャ(祈りの儀式)を見たり、ご縁があってヴェーダーンタの勉強の場に通うことができたり、今回のワークショップに参加する事ができたりと、とても繋がりを感じています。

ヨガのアーサナ以外のマインド的な哲学に関する学びに関わる事が多く、とても楽しく有難い事だと思っています。

まだまだ足を踏み入れたところで、とても深く難しい分野なので時間を掛けて、少しずつ理解していきたいと思います。

そして良い生き方をしようと改めて思いました。

Vikram先生、Pruviさん、通訳のニーラさん、3人ともとても穏やかで素敵な顔をされていて、それも素晴らしいと思いました。(生き方が顔に出ます。)また参加されていた方々もワークショップ終了後の爽やかな顔がとても印象的でした。

Pruviさん、ニーラさんは来週、日曜日に開催される「国際ヨガday関西2019 in奈良」に参加されます。

Vikram先生の歌は音楽音源サイトやYou tubeでも聞けます。

 

 

手作りクッキーもいただきました。
関連記事