toggle
2018-12-05

ボヘミアン・ラプソディ

今日は水曜日。映画のレディースデー。

ヨガが終わってから友達と「ボヘミアン・ラプソディ」を見に行きました。

友達が何人もこの映画を見ていて、みんなすごく良いと高評価。

中には何度も見に行っている友達もいます。

私は中学生の時から洋楽好きでいろんなアーティストの音楽を聞いていました。

生まれて初めて行ったコンサートが10代で行った大阪城ホールで行われたデュランデュランのコンサート。

ディスコブームもあり(歳がバレますが…)クィーンの曲はよく聞いてましたが、歌詞の内容やグループの事など詳しい事は知りませんでした。

今回、映画を見て、歌の歌詞に込められた思い、グループやフレディ・マーキュリーの事などよく分かりました。

フレディ・マーキュリーは45歳で亡くなられたんですね。若すぎる…

涙、涙でした。

映画を見てから曲を聞くと余計にクィーンの音楽の良さを感じます。

配役も良く似た感じの人が選ばれていて、違和感なかったです。

大画面で大きな音でクイーンの曲が聴けて、それだけでも価値がありました。

久しぶりに良い映画を見ました。

関連記事