toggle
2017-12-18

人生初

本当に何が起こるかわかりません。

昨日、台所を片付けていたら頭の上にオーブントースターが落ちてきました。

当たった瞬間「イッター」と同時に「頭切れてないよね?」とか「そんなに大きな物でもないし大丈夫かな」とか一瞬でいろんな事を考えました。元の位置にオーブントースターを置いてしばらくしたらたらりー

んんん?おでこに手をやると「血」が〜

慌てて洗面所に行きタオルで頭部を押さえ、息子に救急車を呼んでもらいました。

外出してた主人も至急帰宅するように連絡してもらいました。

しばらくして救急車到着。救急隊の方に事情説明し、てきぱきと傷を見たり血圧測ったり、体温測ったりされていました。傷口にガーゼみたいなのをあて、ネットを被されました。

「傷は1センチぐらいでもう血は止まっている」とのことでした。打った痛みか傷が痛いのかわかりませんが、何となく鈍痛がする。救急隊の方と相談の結果、主人が帰宅後、自力で病院に行く事にしました。病院も教えて貰い、脳外科に連絡しましたが、救急車で運ばれて来ている人が多く、だいぶ待たないといけないそう。

結局、救急病院の外科に行き、頭部を縫いました。

昔、主人が仕事中に頭部を怪我して縫った経験があったので、話を聞いて大丈夫かなと覚悟を決めました。

先生を信じておまかせするしかないと心の中で「お願いします」と叫んでいました。

麻酔の注射をして、何となく縫っているのがわかる。糸を引っ張る感じも分かりましたが、痛みは無かったです。

夜寝る時まで何となく鈍痛があり、なかなか眠れなかったですが、そのうち寝入っていたようです。

今朝は痛みは無くなっていました。今日は昨日行った病院で胃カメラの検査の予約があったので、先に形成外科で傷を見てもらいました。しばらく化膿止めの薬を塗り、来週抜糸です。

ヨガは普通にしていいそうです。頭をつけたりするポーズはしばらく辞めておこうと思います。

胃カメラはこの間の健康診断でポリープが見つかりすることになったのですが、初めて麻酔しての検査。医学が進歩して、どんどん患者の負担を減らすように考えられてますね。以前やった時はそんな選択肢がなかったような気がします。

喉の麻酔するのは前と同じ。点滴をしてベッドに横になり麻酔をした後、気がつけば終わってました。目が覚めて時間を見ると1時間以上寝ていたようです。ソファーに移動してもらっていたのも、毛布を掛けてもらったのも全く覚えてない。「結果は10日後、聞きに来てください」との事で無事終了。綺麗な胃だったとの事なので、大丈夫だと信じています。

今月は今まで経験したことなかった「頭部を縫う」「無痛の胃カメラ」と病院絡みの二つの経験。

今回、改めて人生何があるかわからないと実感しました。普段元気にしてるけれどいつ怪我するかわからない。病気になるかわからない。今を大切に生きないとと再認識しました。

不幸中の幸いというかそんな大怪我ではなく良かったです。

気をつけていてもいろんな事が起こりますが、年末慌てず行動したいです。

皆さんも気をつけてくださいね。

待合で読んでいた本と塗り薬。

関連記事