toggle
2017-09-19

高野山リトリート 2日目

高野山リトリートの2日目。

朝4時半に起き、近くの根本大堂まで歩き、5時半から朝ヨガ。

朝靄の中、澄んだ空気、冷たい風、鳥の声、鐘の音。

その中で呼吸をし、体を動かす。

静寂の中に生きてるっていう感覚。

普段味わえない、言葉で言い表せない幸福感。

御来光は見ることはできませんでしたが、大雨が降らずヨガができました。

全てに感謝です。

 

ヨガの後、寺の本堂で勤行。

住職様のお経の中、焼香をし、般若心経を共に唱えさせていただきました。

般若心経の話をしていただきました。

興味深い良いお話でした。

 

朝食後、壇上伽藍エリアを通り、奥の院まで歩きました。

さすが高野山。

すでに紅葉が始まっていました。

六角経蔵を順番に廻しました。

一回りすれば一切経を一通り読誦した功徳が得られるそうです。

奥の院入口

奥の院では「みろく石」を持ったり「姿見の井戸」をのぞいたり…

みろく石は前回持った時より軽く感じました。

 

そして初体験の「水行」。

水着の上に白い着物(上だけの物)を着て、入水。

川の水がとても冷たかった。

「南無大師遍照金剛」

と唱えながら滑らないように気をつけて、肩まで水に浸かります。

何も話さずに入ったら冷たいことにばかり気が行きますが、唱える事で集中できます。

しばらく入っていると冷たさがマシになってきました。

水から出るとあんなに冷たく感じていたのに、体は温かい。

人間の体はよく出来ていると改めて感じました。

 

奥の院をお参りをして、宿坊に戻り、ジャバーサナで疲れを取りました。

振り返り会をして集合写真を撮り、お別れです。

 

料理も美味しく、宿坊の方々はとても親切でした。

畳、洗面やトイレも綺麗で、お風呂もジャグジー風呂で快適に過ごせました。

櫻池院様、ありがとうございました。

 

帰りに胡麻豆腐やお饅頭を買って帰りました。

 

台風が来ていたのに、ほぼ予定通りのプログラムができたことがミラクル。

神様が味方してくださったと思います。

 

今回、初体験の事も多く、たくさんの気づきをいただきました。

出会った人達が皆さん温かくて、人の優しさに触れました。

ヨガを通じてまた新たな縁を繋ぐ事ができました。

清々しい気持ちで下山しました。

また新たな気持ちで生活していこうと決意させる旅となりました。

 

高野山は原点に戻れる場所。

本当に素晴らしく、何度行ってもまた行きたいと思える所です。

思い出いっぱいの楽しい素晴らしいリトリートでした。また参加させていただきたいです。

主催してくださった「生活ヨガ研究所」の珠数先生、スタッフの方々、本当にありがとうございました。

 

関連記事